まずは原因を知る

看護師

様々な原因が重なっている

のどから胃を繋げる食道には粘膜があります。食道がんはその粘膜に発生するもので、年間多くの患者が治療をしています。また特定の病を引き起こす確率を危険因子と呼びますが食道がんの場合、粘膜の上皮になる扁平上皮がんと分泌を促す食道線から発生する腺がんの二つに分類できます。危険因子で発生する食道がんの原因はお酒です。中でもアルコールを口に含んだ瞬間顔が真っ赤になる場合は食道がんになるリスクを誰よりも高く持っています。また飲酒と喫煙には相乗的な作用が働くので、二つとも好む場合はリスクもさらに上がるでしょう。他にも辛いものを積極的に食べたり熱いものばかり食べている人は食道に負担をかけている恐れがあるため要注意です。

腺の危険因子とは

胃酸が逆流すると食道部分に炎症をきたしますが、胃食道逆流症や肥満のリスクを高めることでも知られています。また、胃酸が逆流する理由に脂っこいものが好きな人や食べたらすぐ横になる癖がある人、夜遅くまで起きており常に食べている等がありこれらが習慣化されると胃食道逆流症に陥る危険性があります。これまで日本人が発症する食道がんは、扁平上皮がんが多かったのですが、最近は外国の食事が増えたことで腺がんがかなり増えている状況です。ジャンクフードばかり口にしている場合は、食道がんになる可能性をかなりもっているため、食生活を改めたり病院で定期的に検査をしたりするなど病気を起こさない取り組みをする必要があるでしょう。