普段からできる事

レディ

歩くだけで値を下げられる

生活習慣病の一つである糖尿病は、通常よりも血糖値がかなり上がります。また健康診断で数値に問題が発生している場合は、血糖値を下げる方法を実践するしかありません。やり方としては普段から体を動かすことです。入りやすいのが有酸素運動でしょうか。血糖値を下げる他、体全体の巡りを良くすることができるので健康のため毎日取り入れている人が沢山います。ただ、ハードな運動は返って続かないのでNGです。また食後は血糖値が上がった状態なので、食べてすぐの運動もなるべく控えたほうが無難でしょう。理由としては食べた後すぐ体を動かすと心臓に送る血液の量が減少するので体へ与える負担が大きくなるからです。最低でも食後30分から一時間の間は十分休息をとって有酸素運動をしましょう。定期的に続ければやがて血糖値が下がり、脂肪燃焼もできるのでダイエットも可能です。

食べ方にも注意をする

血糖値を下げる方法として運動もいいですが、血糖値に影響を出さない食べ方をする必要があります。中でも炭水化物の過剰摂取は、上昇を促す結果になります。そのため、米を主食にする時は血糖値を上げない方法にカロリーの半分を食べるよう心掛けることが大切になります。ただ、血糖値を下げる方法に腹八分を守っても注意点を知らなければ意味がありません。例えば、血糖値を下げる方法に食事の量を減らしても早食いが改善されていなければ血糖値は必ず上昇します。また、ほとんど噛んでいないので過食にもつながるでしょう。それを防ぐためにも少量をよく噛んで食べることが何よりも重要になります。