場所による治療法

医者とナース

最も移りやすい場所

女性に多い乳癌は、発見が遅れるとすでに転移している可能性が極めて高くなるます。主な転移先としては、リンパ節でしょうか。わきの下にあるリンパ節は乳房からかなり近くに位置しています。転移が始めに確認される箇所がわきの下なので、とてもわかりやすいでしょう。他には鎖骨の上や胸の中にあるリンパ節も転移しやすい箇所として認識します。

転移先で別れる治療法

乳癌がリンパ節に転移した場合、脇の下にある腋窩リンパ節の切除を行ない、全身にがん細胞が行きわたるのを防ぎます。この治療を終えた後は、放射線治療と抗がん剤を使ってがん細胞を小さくしていきます。ちなみに、近年は免疫療法という治癒力を上げる治療が取り入れられており、抗がん剤治療をしなくても済む時もあります。ただ、再発しやすい点では抗がん剤治療や放射線治療が必ず必要になることもあります。

肺や骨に転移した場合

乳癌が骨や肺に転移した場合、外科治療をしないで治療をします。方法としてはホルモン剤や抗がん剤の活用でしょうか。肺に転移していると他の臓器にもがん細胞が広がっている可能性が強くなるので仮に切除してもまたがん細胞が復活する可能性が極めて高くなります。元は乳癌なので肺や骨に転移しても乳癌が完治してからの治療になります。骨の転移は、症状が進むともろくなり骨折しやすくなります。麻痺やしびれも発生しやすくなり、こちらも抗がん剤とホルモン剤で症状を和らげることができます。

看護師

まずは原因を知る

日本人の多くがなる食道がんは、原因となる習慣に隠されています。それを知ると今後食道がんにならないための対策ができるようになるので覚えておきましょう。命を守ることができます。

レディ

普段からできる事

食事を終えると必ず血糖値は上がります。しかし、異常に高くなる場合は血糖値を下げる方法を事前に知る必要があるでしょう。対策も普段から気軽に出来るものなのでとても助かります。

婦人

がんと治療法について

20代から30代の若い女性に多い子宮頸がんは、なくなる人も年間3500人と大変多いです。小さいうちにがんを発見できれば、完全復活も夢ではありません。まずは子宮頸がんと手術を知りましょう。